〉〉東海大学オフィシャルサイト
東海大学 工学部 School of Engineering Tokai University MENU
TOP > 研究紹介 > 

2019.12.06 二酸化炭素から、エネルギーとして使えるメタンをつくる【1/3】
工学部材料科学科 源馬龍太講師

研究紹介

CLOSE

2019.12.06

二酸化炭素から、エネルギーとして使えるメタンをつくる【1/3】
工学部材料科学科 源馬龍太講師

異常気象の増加もあり、あらためて注目が高まっている地球温暖化問題。その原因の筆頭にあげられるのが温室効果ガスだ。温室効果ガスは大気圏にあり、地表から放射される赤外線を吸収して温室効果をもたらす気体の総称だ。なかでも二酸化炭素は、イコール地球温暖化の主な原因と考える人がいるほど悪役のイメージが定着している。その二酸化炭素が、資源として使えたとしたら……。環境問題と資源問題、両方の解決の手がかりとなるための研究を進めている、工学部材料科学科の源馬龍太講師の研究室を訪れた。

悪い物質があるのではなく、物質同士のバランスの崩れが悪影響をもたらす

「二酸化炭素はもともと地球上に存在するもの。それ自体が悪いものではありません。人間にとって、たまたま問題になる場合があるというだけです」(源馬先生)。

地球の歴史を振り返れば、現代よりも二酸化炭素濃度が高い時代はあった。にもかかわらずいま問題になっているのは、大気中の二酸化炭素濃度が急激に上昇しすぎていること。本来であれば、森林や海に吸収され、地球の浄化サイクルの中でうまく循環されるはずの二酸化炭素だが、化石燃料を短期間に大量に燃やし続けている結果、濃度が急上昇した。

二酸化炭素は赤外線を吸収して振動することで熱を放出する。二酸化炭素がなければ、または極端に少なければ、地球は冷えすぎて人間は生きられない。実は二酸化炭素以外にも、水(水蒸気)やメタンなど、温暖化を引き起こす物質はたくさんある。

「温暖化のメカニズムはとても複雑で正確にはわかっていない。その中で特に二酸化炭素が悪者扱いされやすいのは、すでに温暖化との相関関係がデータ化されているからではないかと感じます」(源馬先生)。

海も陸も空も、すべてひとつの地球としてリンクしている

「問題なのは二酸化炭素だけではありません。そしてその濃度だけでもない。地球の変化とともに時間をかけて状況が変わっていくのであれば、それは自然なことです。けれど、今は人の営みによって急激な濃度の上昇が引き起こされた。それが問題なのです」

とはいえ、現実問題として二酸化炭素の濃度を下げることは必要だ。そのために、世界中の研究者が解決策を研究している。その一部を紹介しよう。

トップへもどる