〉〉東海大学オフィシャルサイト
東海大学 工学部 School of Engineering Tokai University MENU
応用理化学 生物学、化学や物理学を基礎とした科学と技術を学びます応用理化学 生物学、化学や物理学を基礎とした科学と技術を学びます
TOP > 

学科紹介:応用理化学

生命化学科学科WEBサイトへ

生命現象を「化学の言葉」で学び
私たちの生活や健康に活用する

生命化学科では、私たちの生活や健康に直結する生命現象を追求しています。そのためには、複雑な生命現象を“化学の言葉”で理解し、医薬品や食品、化粧品などに応用できる専門的な視野と豊かな教養を身につけることが重要です。

実際に本学科では、単に知識を増やすだけでなく、さまざまな実験科目を通して技能を高め、生命倫理などの研究モラルを養います。また、生命系の実験を安全に進めるためのバイオセーフティーの概念や実技・実学を身につけられることも、本学科の特徴です。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■ 教職・司書課程 中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)、司書・司書教諭
■ 卒業と同時に取得可能 毒物劇物取扱責任者、甲種危険物取扱者の受験資格
■ 卒業後一定の経験年数を経て取得可能 水道水の水質検査実施者、作業環境測定士の受験資格
■ 資格取得に有利 米国技術者資格「PE」

進路、就職について
毒物劇物取扱責任者の資格や、中学校・高等学校の教員免許状を取得できます。
また、さまざまな資格の受験資格を得られるので、卒業後は幅広い進路を選択可能です。
一般企業では、医療・食品・化粧品などの製造業に多くの先輩が就職しています。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

応用化学科学科WEBサイトへ

広い視野で困難な問題に対処できる
問題発見・解決する力を伸ばす

日本の基幹産業である製造業界において、化学的観点に立って物事を判断できる人材の育成を目指しています。

現代社会では、資源の枯渇やエネルギーの安定確保、人口増加といった、地球規模での解決が求められるさまざまな問題が露呈しています。これらの諸問題を解決するためにも、広い視野と教養を身につけて柔軟な対応ができる化学技術者や研究者を世に送り出す必要があるのです。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)、司書・司書教諭
■卒業と同時に取得可能 毒物劇物取扱責任者、甲種危険物取扱者の受験資格
■卒業後一定の経験年数を経て取得可能 水道水の水質検査実施者、作業環境測定士の受験資格
■資格取得に有利 米国技術者資格「PE」

進路、就職について
中学校・高等学校の理科教員免許をはじめ、化学分野の専門性を生かした資格の取得を支援しており、化学を中心とした科学技術分野で活躍できる人材を輩出しています。卒業生の多くは、化学工業系や医薬品・情報通信・サービス系に就職しています。また毎年、理科の教員にも採用されています。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

材料科学科学科WEBサイトへ

豊富なコース設定で
一人ひとりの未来を自由にデザインできる

「材料技術者(日本技術者教育認定機構<JABEE>認定プログラム)」「超伝導・機能材料」「環境・エネルギー」「航空宇宙・構造材料」の4つのコースがありますが、各コースに定員は設けられておらず、自分の好きなコースを選択できます。金属材料をはじめ、セラミックス、高分子材料、炭素系材料などあらゆる材料の性質や利用技術を学び、新しい素材を創造する知識を身につけて、21世紀の技術革新を材料の分野から支援する専門家を目指しましょう。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 高等学校教諭一種免許状(工業)、司書・司書教諭
■卒業と同時に取得可能〔材料技術者コース(日本技術者教育認定機構<JABEE>認定プログラム)〕のみ
 修得技術者(金属部門)、さらに技術士補に登録が可能です。
■卒業と同時に取得可能 甲種危険物取扱者の受験資格
■資格取得に有利 技術士

進路、就職について
多くの卒業生が製造業分野で技術者として活躍しています。一方、最近は製造業分野の技術者や研究者への就職には大学院の修了が強く求められているため、進学率も高くなっています。大学院生は全員が比較的早い時期に就職を決めています。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

原子力工学科学科WEBサイトへ

幅広い視野と高い倫理観を養い
原子力高度技術者を目指す

原子力工学は、物理・化学・情報科学・生物学などのあらゆる分野の知見が集約された学問領域です。その基盤技術が多岐にわたることから「総合科学」と呼ばれています。さらに、原子力分野で発生している諸問題には、人的要素が深くかかわっており、技術者は高い倫理観と幅広い視野が要求されます。本学科では、原子炉工学、放射線利用、エネルギー材料開発を3本柱として原子力の多様な分野に対応できるカリキュラムを用意し、意欲のある学生には原子力技術コースを設置して、原子力・放射線の高度技術者の養成を目指します。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)、司書・司書教諭
■資格取得に有利 第一種・第二種放射線取扱主任者、基本情報技術者、応用情報技術者

進路、就職について
前身であるエネルギー工学科を含め、多くの卒業生が原子力系企業やエネルギー企業へ就職しており、内定率はこの3年間、100%を誇っています。また、理科の教員を目指すことも可能です。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

トップへもどる