〉〉東海大学オフィシャルサイト
東海大学 工学部 School of Engineering Tokai University MENU
機械 自動車や航空機などの輸送機械生産機械やロボットなどの社会基盤の基礎となる科学と技術を学びます機械 自動車や航空機などの輸送機械生産機械やロボットなどの社会基盤の基礎となる科学と技術を学びます
TOP > 

学科紹介:機械

精密工学科学科WEBサイトへ

精密機械を支える基盤技術を習得し
先端技術の未来を創造する

ロボットの運動機構や知能化などについて研究する「ロボット・メカトロニクス」、微小な世界に適した精密・超精密技術を習得する「マイクロ・ナノテクノロジー」、ものづくりを支える基盤技術を学修する「メディカル・ものづくり」の3つの分野を学ぶことができます。近年進歩の著しいロボット工学やナノテクノロジーをはじめとした、精密機械工学の先端技術を会得し、日本の産業を切り開く精密機器のエキスパートを目指します。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 高等学校教諭一種免許状(工業)、司書・司書教諭
■卒業後一定の経験年数を経て取得可能 二級ボイラー技士、公害防止(主任)管理者の各受験資格
■資格取得に有利 エネルギー管理士

進路、就職について
ハイテク産業を中心としたさまざまな分野へ就職できます。また、教職課程を履修すると、高等学校の「工業」の教員免許状を取得できます。卒業後に一定の経験を積むことで「二級ボイラー技士」などの資格も取得可能です。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

機械工学科学科WEBサイトへ

世界で活躍できる
「Creative Engineer」を目指す

機械工学科で対象とする機械は、昆虫の動きをまねた小型ロボットから、二足歩行ロボット、介護・リハビリ用機器、航空宇宙・エネルギー関連機器などさまざまです。また、医療・バイオ分野への応用を目指す「生体材料や生体システム」も研究対象としています。3年次生からは、世界標準レベル以上の幅広い専門知識と能力を養成する「機械デザインコース」と、機械工学及びその周辺分野で各自が興味のある分野を深く学ぶ「機械応用コース」の2コースに分かれ、目的別に学べます。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 高等学校教諭一種免許状(工業)、司書・司書教諭
■資格取得に有利 技術士 ※日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けたプログラムである
 機械デザインコースの修了者は第一次試験免除

進路、就職について
これからの「ものづくり」を支える創造力と応用力を持ち、社会に貢献できる人材を育成することで、幅広い分野への道が開かれています。国家資格(技術士補)を取得して国際的に活躍するエンジニアを目指すことも可能です。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

動力機械工学科学科WEBサイトへ

知識と技術を学んで実力をつけながら
未来を築く技術者となる

「レーシングカー工学」や「レースマネージメント工学」といった、他大学にはないユニークな授業を実施しています。入学初年度から少人数制のきめ細かい指導を行っているため、確実に基礎を身につけることができます。そして応用へと着実に進んでいくことで、機械工学と産業の発展に貢献できる、問題解決能力と豊かな創造性を養成します。将来的には、国内外で活躍できる未来を築く技術者を育成します。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 高等学校教諭一種免許状(工業)、司書・司書教諭
■資格取得に有利 機械設計技術者

進路、就職について
卒業生の多くは製造業に携わっています。ものづくり教育を通して高度な知識と技術を身につけることで、輸送機械、産業機械、工作機械、CAEなどのエンジニアや研究・開発者として活躍できます。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

航空宇宙学科 航空宇宙学専攻学科WEBサイトへ

実験・実践の経験を積み
幅広い科学技術分野で活躍する

飛行機に関する周辺技術を幅広く習得できる「航空工学分野」、宇宙開発へつながる力を身につける「宇宙工学分野」、自然現象を科学的に理解する力を養う「宇宙環境科学分野」の3つの領域を学びます。航空・宇宙に関する開発を行うには、幅広い知識や設計技術だけでなく、自身で課題を見つけ、周囲と協力して解決する能力も必要です。実験や実習を通してこれらの能力を身につけ、科学技術分野での活躍を目指します。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■教職・司書課程 高等学校教諭一種免許状(工業)、司書・司書教諭

進路、就職について
専門知識やプレゼンテーション能力を得られるほか、航空宇宙特別プロジェクト活動などを通して企画や設計、製作の経験を積むこともできます。卒業生は航空宇宙分野だけでなく、自動車、機械などの幅広い分野で活躍しています。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

航空宇宙学科 航空操縦学専攻学科WEBサイトへ

在学中にライセンスを取得できる
国内大学初のエアラインパイロット養成コース

東海大学は1943年に航空科学専門学校として開校したという歴史があり、エアラインパイロットの養成コースである本専攻も他大学に先駆け2006年4月に設置されました。

2、3年次は米国ノースダコタ大学へ留学し、同学内の「東海大学飛行訓練センター」で15か月間の飛行訓練を行います。十分な航空知識と確かな操縦技術を習得し、試験をクリアすれば、在学中に操縦士免許を取得可能。本専攻でエアラインパイロットになる夢を実現しましょう。

M o v i e

取得可能な免許・資格
■司書課程 司書
■資格取得に有利 日本の航空無線通信士、米国の自家用操縦士技能証明、米国及び日本の計器飛行証明と
 事業用操縦士技能証明(単発・多発限定)、航空英語能力証明レベル4

進路、就職について
エアラインパイロット養成に向けて万全のプログラムを用意しているため、フルライセンス取得者全員が操縦士訓練生として航空会社に採用されています。また、留学中の試験に合格できず、ライセンスを取得できなかった場合でも、エアラインパイロット職以外の航空産業や他業種への就職活動を行うことが可能です。

進路・就職 ページへ 〉〉〉

トップへもどる