〉〉東海大学オフィシャルサイト
東海大学 工学部 School of Engineering Tokai University MENU
TOP > 学校生活 > 

2018.02.08 大学院工学研究科の石倉賢一さんが相模ケイ素材料フォーラムでポスター賞を受賞

学校生活

CLOSE

2018.02.08

大学院工学研究科の石倉賢一さんが相模ケイ素材料フォーラムでポスター賞を受賞

大学院工学研究科応用理学専攻1年次生の石倉賢一さん(指導教員=工学部応用化学科/マイクロ・ナノ研究開発センター 岡村陽介准教授)がこのほど、神奈川県綾瀬市で開催された「第12回相模ケイ素材料フォーラム」(主催=公益財団法人相模中央化学研究所)の優秀ポスター賞を受賞しました。

 

【受賞テーマ】

高分子ディスクの凝集特性と新規凝集比濁用担体への応用

【受賞のコメント】

-受賞の感想をお聞かせください

同じ研究室の仲間たちがさまざまな学会で受賞している中、私は初めて賞をいただけたので、とてもうれしく思います。これで私自身も一歩前に進むことができたと感じています。今後もこうした環境を活用しながら、いま取り組んでいる研究をしっかり続けて後輩たちの基盤となるような成果を収め、学会などにも積極的に参加していきます。

-東海大学の特徴と応用化学科の魅力は?

東海大学はスケールが大きく、学生が研究できる実験機器が充実しているなど環境が整っています。また、応用化学科は先生方がていねいに指導してくれるのが特徴だと思います。

【応用化学科サイト】

【学科紹介動画】

 

トップへもどる